第339回研究例会

2019年5月19日
日時 日時 2019年6月1日(土) 13:00-17:40
会場 大東文化大学 大東文化会館
住所 〒175-0083 東京都板橋区徳丸 2-4-21
https://www.daito.ac.jp/campuslife/campus/facility/culturalhall.html
東武東上線 東武練馬駅 下車 徒歩5分
世話人 米山聖子先生(大東文化大学)
事前登録 事前申し込みは不要、参加費無料
問合せ先 日本音声学会企画委員会 psj2016k@yahoo.co.jp
プログラム:

開会挨拶(13:00-13:10)

I. 口頭発表 Oral presentations(13:10-16:00)

  1. 13:10-13:50
    植田 尚樹 Naoki UETA(大阪大学/日本学術振興会)
    「モンゴル語における語中閉鎖音の帯気性の知覚」
    “Perception of aspiration of word-medial stops in Mongolian”
  2. 13:50-14:30
    大井川 朋彦 Tomohiko Ooigawa(日本大学)・高橋 絹子 Kinuko Takahashi(大阪女学院大学)
    「プロ通訳者による諸英語変種の音声知覚」
    “Perception of varieties of English by professional interpreters”
<14:30-14:40 休憩>
  1. 14:40-15:20
    李 俏 LI QIAO(大連理工大学・東京大学)・李 墨彤 LI MOTONG(大阪大学)・峯松 信明 MINEMATSU NOBUAKI(東京大学)
    「母語話者が有するアクセント感覚の統計的モデリングとそれを用いた学習者のアクセント感覚の定着に関する定量的分析」
    “Statistical modeling of natives’ implicit knowledge of accentuation and its use for quantitative analysis of learners’ acquisition of the implicit knowledge”
  2. 15:20-16:00
    平山 真奈美 Manami Hirayama(成蹊大学)
    “Development of vowel devoicing in Japanese: A case study of a 1-year-old child“
<16:00-16:10 休憩>

II. 特別講演会(16:10-17:40)

Keith Johnson (University of California at Berkeley)
“What is phonetic substance? Insight from individual differences in speech production“
  • 16:10-17:10 講演
  • 17:10-17:40 質疑応答・ディスカッション