2018年度日本音声学会賞(優秀論文賞,優秀発表賞)

2019年5月24日
2018年度の日本音声学会賞(優秀論文賞,優秀発表賞)を掲載いたしました。

優秀論文賞
  • Mayuki Matsui and Alexei Kochetov(松井 真雪、コチェトフ アレクセイ) 「Tongue Root Positioning for Voicing vs. Contrastive Palatalization: An Ultrasound Study of Russian Word-Initial Coronal Stops(有声性対立のための舌根調音と硬口蓋化子音対立の関係―ロシア語語頭舌頂閉鎖音の超音波画像解析―)」第22巻 第2号、81-94頁

優秀発表賞(第32回日本音声学会全国大会)
  • 木村公彦 「米ペンシルベニア州における英語の後舌狭母音/u/の前舌化—地理的伝播と道路交通の関係を探る—」
  • 松倉昂平「福井県池田町方言の「準多型」アクセントとフット・韻律語構造」

受賞理由等の詳細、過去の受賞情報は下記のページをご覧ください。
http://www.psj.gr.jp/jpn/psj_awards