日本音声学会 研究倫理ガイドライン

本ガイドラインは、音声研究の諸分野において、研究協力者の協力を必要とする場合の倫理的指針を示したものであり、本学会の会員は、以下の指針を遵守しなければならない。ここでいう研究協力者とは、言語調査や音声収録、聴取実験、身体的測定を伴う実験など、研究者が遂行する研究に協力を依頼する対象者を指す。

1. 説明と同意
  • 研究協力者に対しては、あらかじめ研究の目的、方法、考えられる利益・不利益等を十分に説明し理解を求めた上で、原則として書面により同意を得なければならない。
  • 研究協力者が未成年者である場合や、身体的機能等の制約により本人から十分な理解と了解を得ることが困難な場合には、研究協力者の代理人(保護者/後見人等)から原則として書面により同意を得なければならない。
  • 上記同意がなされ、研究協力が開始されていても、その途中で協力の中断あるいは放棄ができることを事前に説明しなければならない。
  • 止むを得ない理由により書面による同意が困難な場合には、他の可能な方法により同意を得、それを確認したことを示す記録を残さねばならない。
  • 事前に研究目的の詳細を伝えることが研究の妥当性を損ねる場合には、事後に説明を行い、了承を得ることができる。
2. 研究者の責務
  • 研究者は、研究協力の過程や結果公表にあたって、研究協力者に如何なる不利益や心理的・身体的苦痛、過度の疲労、危害等を与えてはならない。
  • 研究者はその立場を利用して必要以上に研究協力者のプライバシーを侵したり、研究への参加を強要してはならない。
3. 個人情報の管理と公表に伴う責任
  • 研究者は、同意の得られた目的と了承された範囲を超えて、個人情報を取り扱ってはならない。
  • 研究の過程で得られた個人情報は、他者に漏れないよう厳重に保管し、これを管理しなければならない。
  • 研究の結果を公表する際には、研究協力者が特定されることのないよう配慮しなければならない。万一、研究協力者が特定できないようにすることが困難な場合は、公表に関してあらかじめ研究協力者の同意を得なければならない。
本ガイドラインは、2014年7月1日より施行する。