「音声研究」第14巻目次

第14巻 第1号
タイトル 著者
新会長および新委員長の就任挨拶 1
特集「最適性理論の実験検証と実験音声学の理論整備」
Feature Articles: Current Trends in Experimental OT and Laboratory Phonology
Introduction: Bridging the Dissociation between Phonetics and Phonology
まえがき
Shin-ichi TANAKA
田中伸一
5
Optimality Theory: Experimental Extensions
最適性理論:その実験的展開
Jeroen van de WEIJER
イェルーン・ヴァンデウェイヤー
7
Gradient Well-Formedness in Harmonic Grammar: Phonological Performance as a Window on Phonological Competence
調和文法における段階的な適格性判断:音韻運用データから見えてくる音韻能力
Andries W. COETZEE
アンドリーズ・W.・クッツェー
13
An Optimality Theory Perspective on Speech Segmentation
最適性理論から見た音声の分節化
René KAGER
ルネ・カーガー
24
The Influence of Lexical Factors on Word Recognition by Native English Speakers and Japanese Speakers Acquiring English: A First Report
英語母語話者と日本人英語学習者の語認識に与える語彙要素の影響についての報告
Kiyoko YONEYAMA and Benjamin MUNSON
米山 聖子,ベンジャミン・マンソン
35
The Influence of Apparent Vocal-Tract Size, Contrast Type, and Implied Sources of Variation on the Perception of American English Voiceless Lingual Fricatives
アメリカ英語の無声摩擦音知覚に与える口腔サイズと対立タイプとバリエーション要因の影響について
Benjamin MUNSON and Alexander COYNE
ベンジャミン・マンソン,アレキサンダー・コイン
48
Cross-linguistic Production and Perception of Japanese- and Dutch-accented English
日本語とオランダ語の訛りの入った英語をめぐる言語相互の生成と知覚
Mirjam BROERSMA, Makiko AOYAGI and Andrea WEBER
ミリアム・ブルーズマ,青柳真紀子,アンドレア・ウェバー
60
Dajare is more Flexible than Puns:Evidence from Word Play in Japanese
‘pun’ にない「駄洒落」の柔軟性:日本語の言葉遊びからの証拠
Takashi OTAKE
大竹孝司
76
書評
鏑木時彦 編著『音声生成の計算モデルと可視化』コロナ社2010
Tokihiko Kaburagi, Computational Models and Visualization Techniques of Speech Production Processes, CORONA PUBLISHING CO., LTD 2010
佐藤大和
Hirokazu SATO
86
第14巻 第2号
タイトル 著者
研究論文
Research Article
日本語有声破裂音における閉鎖調音の弱化
Weakening of Stop Articulation in Japanese Voiced Plosives
前川喜久雄
Kikuo Maekawa
1
研究ノート
Research Notes
南琉球方言における「舌先的母音」の調音的特徴
Articulatory Properties of the “Laminal Vowel”in Southern Ryukyuan
青井隼人
Hayato Aoi
16
自発音声におけるパラ言語情報のカテゴリーの評価語を用いた印象評定
Impression Rating of Categories of Paralinguistic Information in Spontaneous Speech through the Use of Assessment Words
有賀亮・菊池英明・野嶋栄一郎
Tohru Ariga,Hideaki Kikuchi and Eiichiro Nojima
25
特集「音声生理研究の方法」
Feature Articles: Methodology for Speech Physiology Research
はじめに
Preface
本多清志
Kiyoshi Honda
35
立体内視鏡とハイスピードカメラによる声門面積関数の計測
Estimation of Glottal Area Function Using Stereo-Endoscopic High-Speed Digital Imaging
今川博・榊原健一・徳田功・大塚満美子・田山二朗
Hiroshi Imagawa,Ken-Ichi Sakakibara,Isao T.Tokuda,Mamiko Otsuka and Niro Tayama
37
MRI動画撮像により観測した日本語音節連鎖における調音結合
Coarticulation in Japanese Syllable Sequences Observed with MRI Motion Imaging
朱春躍・波多野博顕
Chunyue Zhu and Hiroaki Hatano
45
発話運動データに基づく人間形発話ロボットの制御
Control of Anthropomorphic Talking Robot based on Human Articulatory Movement Data
福井考太郎・草野世大・高西淳夫・誉田雅章
Kotaro Fukui,Toshihiro Kusano,Atsuo Takanishi and Masaaki Honda
57
Multisensor Platform for Speech Physiology Research in a Phonetics Laboratory
音声学研究所における音声生理研究のための多重センサ研究基盤
Jacqueline Vaissiere, Kiyoshi Honda, Angélique Amelot, Shinji Maeda and Lise Crevier-Buchman 65
第14巻 第3号
タイトル 著者
研究論文
Research Article
The Difference in Accentuation between the Present and the Past Tenses of Verbs in Japanese
日本語における動詞の現在進行形と過去形のアクセントの違い
Kyoko Yamaguchi
山口 京子
1
特集「会話の音声」
Feature Articles:Conversational Speech
まえがき
Preface
郡 史郎
Shiro Kori
11
話者交替における統語的・韻律的特徴の役割
The Roles of Syntactic and Prosodic Features in Turn-Taking
小磯 花絵
Hanae Koiso
13
会話においてフィラーを発するということ
Uttering Fillers in Conversation
定延 利之
Toshiyuki Sadanobu
27
否定の「うん系」感動詞の音調パターン
Tone Patterns of the Japanese Interjection Un as a Negative Response
須藤 潤
Jun Sudo
40
熊本方言の談話音声に現れた音調句の分類
Interim Report on Classification of Tonal Phrases
田川 恭識・嵐 洋子
Yukinori Tagawa and Yoko Arashi
51