‘研究例会’ カテゴリーのアーカイブ

第332回研究例会のお知らせ ―口頭発表の募集―

第332回研究例会を下記の要領で開催いたします。口頭発表を募集しますので奮ってご応募ください(今回は時間の制約によりシンポジウムは募集いたしません)。なお、申し込みは会員資格を有する人(2015 年度の年会費を納入済みの方)に限ります。

日時 2015年12月12日(土曜)午後
会場 法政大学市ヶ谷キャンパス
(〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1)
http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/campus/ichigaya/ichigaya.html
世話人 田嶋圭一先生(法政大学)

―口頭発表の募集―

 口頭発表(全国規模の学会で未発表のもの。1件あたり質疑を含めて40分程度)を募集します。希望者は2015年10月10日(土曜)必着で、以下の内容を記入した添付ファイル(PDFおよびMSWord形式ファイル)をkubozono@ninjal.ac.jp宛に送ってください。メールのSubjectは「332回研究例会発表申込」、ファイル名は「332回例会(申込者氏名)」としてください。申し込みに対して数日以内に受領確認のメールをお送りします。この確認メールが届かない場合には、10月13日までに上記のメールアドレスに問い合わせて下さい。採否は審査のうえ10月末日までにお知らせします。
  1. 発表者氏名(ふりがな付,全員分)
  2. 発表者英文氏名(全員分)
  3. 発表者所属(全員分)
  4. 発表者英文所属(全員分)
  5. 採否を通知する代表者(会員)の氏名と連絡先(メールアドレス)
  6. 発表題目と英訳(英語での発表の場合は英訳は不要)
  7. 発表の要旨(400字程度)
  8. 発表時に利用を希望する機器(PC,プロジェクター以外)
(企画委員会)

第331回研究例会

日時 2015年6月27日(土曜)午後
会場 早稲田大学早稲田キャンパス9号館5階
(〒169-8050 新宿区西早稲田1-6-1)
http://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus
世話人 北原真冬先生(早稲田大学)
事前登録 事前申し込み不要、参加費無料(会員)
問合せ先 企画委員長 kubozono@ninjal.ac.jp
プログラム:
  1. 1:30~2:05
    河須崎英之(早稲田大学アカデミックソリューション)
    「中国朝鮮語話者の動詞アクセント研究」
    Hideyuki Kawasuzaki (Waseda University Academic Solutions Corporation)
    “A study of the verb accent of Korean in China”
  2. 2:05~2:40
    邊 姫京(国際教養大学)
    「韓国語閉鎖音のVOT値変化とVOT/f0による生成のカテゴリー域」
    Hi-Gyung Byun (Akita International University)
    “Sound change in VOT values of Korean stops and an acoustic space by VOT and f0”
  3. 2:40~3:15
    青木理香(埼玉大学)
    「日中バイリンガルによる英語破裂音の知覚」
    Rika Aoki (Saitama University)
    “Perception of English plosives by Chinese-Japanese bilinguals”

    <3:15~3:30 休憩>

  4. 3:30~4:05
    木村 琢也(清泉女子大学),荒井 隆行(上智大学)
    「スペイン語 /y/ の日本語母語話者による範疇的知覚および「日本語なまり」のある /y/ に対するスペイン語母語話者の主観評価」 Takuya Kimura (Seisen University) and Takayuki Arai (Sophia University)
    “Categorical perception of Spanish /y/ by native speakers of Japanese and subjective evaluation of /y/ with “Japanese accent” by native speakers of Spanish”
  5. 4:05~4:40
    大竹孝司(イー・リスニング研究所)
    「言葉のリズムの再考」
    Takashi Otake (E-Listening Laboratory)
    “Reconsideration of speech rhythm”

第332回研究例会(開催予定)

  • 日時:2015年12月12日(土)
  • 場所:法政大学市ヶ谷キャンパス
  • 世話人:田嶋圭一先生

第331回研究例会のお知らせ―口頭発表およびシンポジウム企画の募集―

第331回研究例会を下記の要領で開催いたします。口頭発表とシンポジウムの両方を募集しますので、奮ってご応募ください。なお、申し込みは会員資格を有する人(2015 年度の年会費を納入済みの方)に限ります。

日時 2015年6月27日(土曜)午後
会場 早稲田大学早稲田キャンパス9号館5階
(〒169-8050 新宿区西早稲田1-6-1)
世話人 北原真冬先生(早稲田大学)

―口頭発表の募集―

 口頭発表(全国規模の学会で未発表のもの。1件あたり質疑を含めて40分程度)を募集します。希望者は2015年4月20日(月曜)必着で、以下の内容を記入した添付ファイル(PDFおよびMSWord形式ファイル)をkubozono@ninjal.ac.jp宛に送ってください。メールのSubjectは「331回研究例会発表申込」、ファイル名は「331回例会(申込者氏名)」としてください。採否は審査のうえ4月30日頃までにお知らせします。
  1. 発表者氏名(ふりがな付,全員分)
  2. 発表者英文氏名(全員分)
  3. 発表者所属(全員分)
  4. 発表者英文所属(全員分)
  5. 採否を通知する代表者(会員)の氏名と連絡先(メールアドレス)
  6. 発表題目と英訳(英語での発表の場合は英訳は不要)
  7. 発表の要旨(400字程度)
  8. 発表時に利用を希望する機器(PC,プロジェクター以外)

―シンポジウム企画の募集―

研究例会のシンポジウムは、複数の発表者が特定のテーマについて相互に関連した口頭発表を行った後、聴衆をまじえた質疑を行うことによって、テーマについての学会員の理解を深める機会を提供しようとするものです。シンポジウムでの報告は完結している必要はありません。進行中の共同研究プロジェクトの進捗状況報告として活用してもらうことも想定しています。
希望者は2015年4月20日(月曜)必着で、以下の内容をkubozono@ninjal.ac.jp宛に添付ファイル(PDFおよびMSWord形式ファイル)として送ってください。その際、メールのSubjectを「331回研究例会シンポジウム申込」、ファイル名は「331回例会(申込者氏名)」としてください。またPDFの作成にあたっては、必ずすべてのフォントを埋め込んでください。採否は審査のうえ4月30日頃までにお知らせします。
  1. シンポジウムのテーマ(和文50字以内)
  2. シンポジウムのテーマ(英文25語以内)
  3. 企画責任者の氏名(ふりがな)、所属、連絡先(メール、電話、住所)
  4. 発表者全員の氏名(ふりがな)、所属
  5. 発表者全員の氏名、所属(英文)
  6. ワークショップの概要
    (和文1000字以内もしくは英文500語以内、必ず時間配分を示すこと)
  7. その他(必要とする機材、設備など)
<シンポジウム提案書作成に際してのガイドライン>
  • 時間配分:全体で2時間以上3時間までとし、全体の2割程度は聴衆を含めた質疑にあてること。
  • 発表者:2名以上とし、半分以上が音声学会会員であること。発表者以外に司会者や指定討論者を置くこともできる(会員資格は問わない)。
  • テーマ:音声学会の発表として好適であること
  • 準 備:シンポジウムの広報および当日の運営には企画委員会が協力するが、当日までの準備は企画責任者が責任をもって実施する。なお学会から発表者に旅費、謝金等を支給することはしない。
(企画委員会)

第330回研究例会

日時 2014年12月6日(土)
時間 午後1:30~4:00
会場 日本女子大学目白キャンパス新泉山館大会議室
(〒112-8681東京都文京区目白台2-8-1)
https://www.jwu.ac.jp/unv/access.html
世話人 松森晶子先生
事前登録 事前申し込み不要、参加費無料(会員)
問合せ先 企画委員長 kubozono@ninjal.ac.jp
プログラム:
  1. 1:30~2:15
    ダリン トーマス(北海道大学大学院)
    「北海道道南方言における句頭音調の分布について」
    Thomas Dallyn (Graduate student, Hokkaido University)
    “Phrase-initial tone distribution in South Hokkaido Japanese”
  2. 2:20~3:05
    中川純子(慶応義塾大学非常勤)、立川睦美(上智大学非常勤)
    「日本語母語話者のドイツ語発音について―発音が聞き手に与える影響についての一考察」
    Junko Nakagawa (Keio University), Mutsumi Tachikawa (Sophia University)
    “Japanese learners’ pronunciation of German—Effects on listeners’ perception and impression”
  3. 3:15~4:00
    アナトリー・ヴァフロメーエフ(東京外国語大学大学院)、中川 裕(東京外国語大学)
    「グイ語の4種類のクリックの器械音声学的分析」
    Anatolii Vakhromeev (Graduate student, Tokyo University of Foreign Studies) Hirosi Nakagawa (Tokyo University of Foreign Studies)
    “Instrumental phonetic analysis of the four click types in G|ui”

第330回研究例会のお知らせ―口頭発表およびシンポジウム企画の募集―

第330回研究例会を下記の要領で開催いたします。口頭発表とシンポジウムの両方を募集しますので、奮ってご応募ください。なお、申し込みは会員資格を有する人(2014年度の年会費を納入済みの方)に限ります。

日時 2014年12月 6日(土曜)午後
会場 日本女子大学目白キャンパス新泉山館大会議室
(〒112-8681東京都文京区目白台2-8-1)
https://www.jwu.ac.jp/unv/access.html
世話人 松森晶子先生(日本女子大学)

―口頭発表の募集―

 口頭発表(全国規模の学会で未発表のもの。1件質疑を含めて40分程度)を募集します。希望者は2014年10月10日(金曜)必着で、以下の内容を記入した添付ファイル(PDFおよびMSWord形式ファイル)をkubozono@ninjal.ac.jp宛に送ってください。メールのSubjectは「330回研究例会発表申込」、ファイル名は「330回例会(申込者氏名)」としてください。採否は審査のうえ10月20日頃までにお知らせします。
  1. 発表者氏名(ふりがな付,全員分)
  2. 発表者英文氏名(全員分)
  3. 発表者所属(全員分)
  4. 発表者英文所属(全員分)
  5. 採否を通知する代表者(会員)の氏名と連絡先(メールアドレス)
  6. 発表題目と英訳(英語での発表の場合は英訳は不要)
  7. 発表の要旨(400字程度)
  8. 発表時に利用を希望する機器(PC,プロジェクター以外)

―シンポジウム企画の募集―

研究例会のシンポジウムは、複数の発表者が特定のテーマについて相互に関連した口頭発表を行った後、聴衆をまじえた質疑を行うことによって、テーマについての学会員の理解を深める機会を提供しようとするものです。シンポジウムでの報告は完結している必要はありません。進行中の研究プロジェクトの進捗状況報告として活用してもらうことも想定しています。
希望者は2014年10月10 日(金曜)必着で、以下の内容を kubozono@ninjal.ac.jp 宛に添付ファイル(PDFおよびMSWord形式ファイル)として送ってください。その際、メールのSubjectを「330回研究例会シンポジウム申込」、ファイル名は「330回例会(申込者氏名)」としてください。またPDFの作成にあたっては、必ずすべてのフォントを埋め込んでください。採否は審査のうえ10月20日頃までにお知らせします。
  1. シンポジウムのテーマ(和文50字以内)
  2. シンポジウムのテーマ(英文25語以内)
  3. 企画責任者の氏名(ふりがな)、所属、連絡先(メール、電話、住所)
  4. 発表者全員の氏名(ふりがな)、所属
  5. 発表者全員の氏名、所属(英文)
  6. ワークショップの概要(和文1000字以内もしくは英文500語以内、必ず時間配分を示すこと)
  7. その他(必要とする機材、設備など)
<シンポジウム提案書作成に際してのガイドライン>
  • 時間配分: 全体で2時間以上3時間までとし、全体の2割程度は聴衆を含めた質疑にあてること。
  • 発表者: 2名以上とし、半分以上が音声学会会員であること。発表者以外に司会者や指定討論者を置くこともできる(会員資格は問わない)。
  • テーマ: 音声学会の発表として好適であること
  • 準備: シンポジウムの広報および当日の運営には企画委員会が協力するが、当日までの準備は企画責任者が責任をもって実施する。なお学会から発表者に旅費、謝金等を支給することはしない。
(企画委員会)

第329回研究例会

開始時刻の記載に誤りがありました。例会の開始時刻は13:30です。
お間違えのないようにご参集ください。
ご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。(2014/5/22)
日時 2014年6月21日(土曜)
時間 13:30-17:30
会場 神戸大学文学部1階視聴覚室(132教室)(神戸市灘区六甲台町)
アクセスマップ
http://www.lit.kobe-u.ac.jp/access.html
世話人 田中真一先生(神戸大学)
事前登録 事前申し込み不要、参加費無料(会員)
問合せ先 企画委員長 kubozono@ninjal.ac.jp
プログラム:

I. 研究発表 Oral presentations(13:30—14:50)



1.松倉昂平(東京大学大学院)
「福井県あわら市のN型アクセント」
Kohei Matsukura (Graduate student, University of Tokyo)
“N-pattern accent systems in Awara City, Fukui Prefecture”

2.林 直樹(日本大学文理学部)
「首都圏東部域アクセントのあいまい性・特殊性―音響的特徴を用いた試行―」
Naoki Hayashi (College of Humanities and Sciences, Nihon University)
“The vagueness and distinctiveness of word accent in the Eastern Tokyo Metropolitan area: A pilot study based on acoustic features”
14:50-15:10 休憩(Break)

II. シンポジウム Symposium(15:10—17:30)

テーマ:「音声生成の観測と言語研究への応用―調音音声学、発声学への招待―」
  • 企画責任者:林良子(神戸大学)
  • 発表者・演題〔発表順〕
    1. 吐師道子(県立広島大学)・能田由紀子(神戸大学・ATR-Promotions)
      「日本語/si/, /sy/の調音実態及び姿勢変化に伴う調音変化」
    2. 朱春躍(神戸大学)・波多野博顕(神戸大学・ATR-IRC)
      「日本語・中国語母音の調音実態」
    3. 藤本雅子(国立国語研究所)
      「日本語の母音無声化と促音の喉頭調節」
    4. 金村久美(名古屋経済大学)・今川博(東京大学)・榊原健一(北海道医療大学)
      「ベトナム語と日本語音声における喉頭調節」
    5. 北村達也(甲南大学)
      「調音観測の最近の動向―まとめとその他の研究手法」
Theme:Recent trends in measuring techniques for speech production: Invitation to articulatory phonetics and vocology
  • Organizer: Ryoko Hayashi (Kobe University)
  • Speakers:
    • Michiko Hashi (Prefectural University of Hiroshima) and Yukiko Nota (Kobe Univ., ATR-Promotions)
    • Zhu Chunyue (Kobe Univ.) and Hiroaki Hatano (Kobe Univ., ATR-IRC)
    • Masako Fujimoto (NINJAL)
    • Kumi Kanamura (Nagoya University of Economics), Hiroshi Imagawa (Tokyo University) and Ken-ichi Sakakibara (Health Science University of Hokkaido)
    • Tatsuya Kitamura (Konan Univ.)

第329回研究例会のお知らせ ―口頭発表およびシンポジウム企画の募集―

第329回研究例会を下記の要領で開催いたします。口頭発表とシンポジウムの両方を募集しますので、奮ってご応募ください。なお、申し込みは会員資格を有する人(2014年度の年会費を納入済みの方)に限ります。

日時 2014年6月21日(土曜)午後
会場 神戸大学文学部(神戸市灘区六甲台町)
http://www.lit.kobe-u.ac.jp/access.html
世話人 田中真一先生(神戸大学)

―口頭発表の募集―

 口頭発表(全国規模の学会で未発表のもの。1件質疑を含めて40分程度)を募集します。希望者は2014年4月10日(木曜)必着で、以下の内容を記入した添付ファイル(PDFおよびMSWord形式ファイル)を kubozono@ninjal.ac.jp 宛に送ってください。メールのSubjectは「329回研究例会発表申込」、添付ファイル名は「329回例会(申込者氏名)」としてください。採否は審査のうえ4月20日頃までにお知らせします。
  1. 発表者氏名(ふりがな付,全員分)
  2. 発表者英文氏名(全員分)
  3. 発表者所属(全員分)
  4. 発表者英文所属(全員分)
  5. 採否を通知する代表者(会員)の氏名と連絡先(メールアドレス)
  6. 発表題目と英訳(英語での発表の場合は英訳は不要)
  7. 発表の要旨(400字程度)
  8. 表時に利用を希望する機器(PC,プロジェクター以外)

―シンポジウム企画の募集―

研究例会のシンポジウムは、複数の発表者が特定のテーマについて相互に関連した口頭発表を行った後、聴衆をまじえた質疑を行うことによって、テーマについての学会員の理解を深める機会を提供しようとするものです。シンポジウムでの報告は完結している必要はありません。進行中の研究プロジェクトの進捗状況報告として活用してもらうことも想定しています。
希望者は2014年4月10 日(木曜)必着で、以下の内容を kubozono@ninjal.ac.jp 宛に添付ファイル(PDFおよびMSWord形式ファイル)として送ってください。その際、メールのSubjectを「329回研究例会シンポジウム申込」、ファイル名は「329回例会(申込者氏名)」としてください。またPDFの作成にあたっては、必ずすべてのフォントを埋め込んでください。採否は審査のうえ4月20日頃までにお知らせします。
  1. シンポジウムのテーマ(和文50字以内)
  2. シンポジウムのテーマ(英文25語以内)
  3. 企画責任者の氏名(ふりがな)、所属、連絡先(メール、電話、住所)
  4. 発表者全員の氏名(ふりがな)、所属
  5. 発表者全員の氏名、所属(英文)
  6. ワークショップの概要(和文1000字以内もしくは英文500語以内、必ず時間配分を示すこと)
  7. その他(必要とする機材、設備など)
<シンポジウム提案書作成に際してのガイドライン>
  • 時間配分: 全体で2時間以上3時間までとし、全体の2割程度は聴衆を含めた質疑にあてること。
  • 発表者: 2名以上とし、半分以上が音声学会会員であること。発表者以外に司会者や指定討論者を置くこともできる(会員資格は問わない)。
  • テーマ: 音声学会の発表として好適であること
  • 準備: シンポジウムの広報および当日の運営には企画委員会が協力するが、当日までの準備は企画責任者が責任をもって実施する。なお学会から発表者に旅費、謝金等を支給することはしない。
(企画委員会)

第328回研究例会

日時 2013年12月7日(土曜)
時間 13:00-17:00
会場 日本大学文理学部3号館4階3408教室(東京都世田谷区)
アクセスマップ
http://www.chs.nihon-u.ac.jp/gs_lss/contents/accessmap.html
キャンパスマップ
http://www.chs.nihon-u.ac.jp/about_chs/campus_map/
世話人 田中ゆかり先生(日本大学)
事前登録 事前申し込み不要、参加費無料(会員)
問合せ先 企画委員長 kubozono@ninjal.ac.jp
プログラム:
■I. 研究発表 Oral presentations(13:00—14:20)
13:00-13:40 1.赤塚麻里(名古屋外国語大学)
「日本人英語学習者における英語プロソディー表記法の発音操作の効果研究」
Mari Akatsuka (Nagoya University of Foreign Studies)
“Effects of notational systems of English prosody on teaching English pronunciation to Japanese learners”
13:40-14:20 2.中澤光平(東京大学大学院)
「淡路島方言の助動詞「じゃ」のアクセントと促音について」
Kohei Nakazawa (Graduate student, University of Tokyo)
“On the accent of auxiliary verb “zya” and geminate consonants in the Awaji-shima dialect”
■14:20-14:40 休憩(Break)
■II. シンポジウム Symposium(14:40—17:00)
テーマ:「コーパスに基づく日本語自発音声の韻律研究の展開」
  • 企画責任者:小磯花絵(国立国語研究所)
  • 発表者・演題〔発表順〕
    1. 小磯花絵(国立国語研究所)
      「『日本語話し言葉コーパス』CSJ-RDBの概要」
    2. 五十嵐陽介(広島大学)
      「句末境界音調のピッチレンジ制御に関わる要因」
    3. 小磯花絵(国立国語研究所)
      「句末境界音調の発言継続表示機能の検討」
    4. 石本祐一(国立国語研究所)
      「「発話」に見られるF0変動」
Theme:Development of corpus-based study of prosody in spontaneous Japanese
  • Organizer: Hanae Koiso (National Institute for Japanese Language and Linguistics)
  • Speakers:
    • Hanae Koiso (National Institute for Japanese Language and Linguistics)
    • Yosuke Igarashi (Hiroshima University)
    • Yuichi Ishimoto (National Institute for Japanese Language and Linguistics)

第328回研究例会―口頭発表およびシンポジウム企画の募集―

第328回研究例会を下記の要領で開催いたします。口頭発表とシンポジウムの両方を募集しますので、奮ってご応募ください。なお、申し込みは会員資格を有する人(今年度の年会費を納入済みの方)に限ります。

日時 2013年12月7日(土曜)午後
会場 日本大学文理学部(東京都世田谷区)
http://www.chs.nihon-u.ac.jp/access/
世話人 田中ゆかり先生(日本大学)

―口頭発表の募集―

 口頭発表(1件質疑を含めて40分程度)を募集します。希望者は2013年10月10日(木曜)必着で、以下の内容を記入した添付ファイル(PDFおよびMSWord形式ファイル)を kubozono@ninjal.ac.jp 宛に送ってください。メールのSubjectは「328回研究例会発表申込」、添付ファイル名は「328回例会(申込者氏名)」としてください。採否は審査のうえ10月末日までにお知らせします。
  1. 発表者氏名(ふりがな付,全員分)
  2. 発表者英文氏名(全員分)
  3. 発表者所属(全員分)
  4. 発表者英文所属(全員分)
  5. 採否を通知する代表者(会員)の氏名と連絡先(メールアドレス)
  6. 発表題目と英訳(英語での発表の場合は英訳は不要)
  7. 発表の要旨(400字程度)
  8. 表時に利用を希望する機器(PC,プロジェクター以外)

―シンポジウム企画の募集―

研究例会のシンポジウムは、複数の発表者が特定のテーマについて相互に関連した口頭発表を行った後、聴衆をまじえた質疑を行うことによって、テーマについての学会員の理解を深める機会を提供しようとするものです。シンポジウムでの報告は完結している必要はありません。むしろ、進行中の研究プロジェクトの進捗状況報告や、新規に発足させようとするプロジェクトの計画発表の場として活用してもらうことを想定しています。 希望者は2013年10月10 日(木曜)必着で、以下の内容を kubozono@ninjal.ac.jp 宛に添付ファイル(PDFおよびMSWord形式ファイル)として送ってください。その際、メールのSubjectを「328回研究例会シンポジウム申込」、添付ファイル名は「328回例会(申込者氏名)」としてください。またPDFの作成にあたっては、必ずすべてのフォントを埋め込んでください。採否は審査のうえ10月末日までにお知らせします。
  1. シンポジウムのテーマ(和文50字以内)
  2. シンポジウムのテーマ(英文25語以内)
  3. 企画責任者の氏名(ふりがな)、所属、連絡先(メール、電話、住所)
  4. 発表者全員の氏名(ふりがな)、所属
  5. 発表者全員の氏名、所属(英文)
  6. ワークショップの概要(和文1000字以内もしくは英文500語以内、必ず時間配分を示すこと)
  7. その他(必要とする機材、設備など)
<シンポジウム提案書作成に際してのガイドライン>
  • 時間配分: 全体で2時間以上3時間までとし、全体の2割程度は聴衆を含めた質疑にあてること。
  • 発表者: 2名以上とし、半分以上が音声学会会員であること。発表者以外に司会者や指定討論者を置くこともできる(会員資格は問わない)。
  • テーマ: 音声学会の発表として好適であること
  • 準備: シンポジウムの広報および当日の運営には企画委員会が協力するが、当日までの準備は企画責任者が責任をもって実施する。なお学会から発表者に旅費、謝金等を支給することはしない。
(企画委員会)