第32回大会(2018)

第32回全国大会プログラム

2018年(平成30年)度 第32回日本音声学会全国大会
The Thirty-Second General Meeting of the Phonetic Society of Japan
主催: 日本音声学会(The Phonetic Society of Japan)
会場: 沖縄国際大学
〒901-2701 沖縄県宜野湾市宜野湾二丁目6番1号
http://www.okiu.ac.jp/campuslife/campusmap/index.html
大会運営委員長: 中本 謙(琉球大学)、西岡 敏(沖縄国際大学)

全体スケジュール

第1日:9月15日(土)
会場: 沖縄国際大学 5号館、3号館
12:00- 受付 (5号館)
13:00-14:40 研究発表(口頭、5号館106、107、203、204、304)
14:40-14:50 休憩
14:50-16:10 研究発表 (ポスター,5号館1階ロビー)
16:10-16:20 休憩
16:20-18:00 研究発表(口頭、5号館106、107、203、204、304)
18:15-20:15 懇親会(3号館1階ロビー)
第2日: 9月16日(日)
会場: 沖縄国際大学 5号館、7号館
9:30- 受付開始 (受付を済ませていない方のみ、5号館)
10:00-12:00 公開ワークショップ(5号館208教室)
12:00-13:00 昼休み
13:00-13:45 総会等(7号館201教室)
 会長挨拶 今泉 敏(日本音声学会会長)
 会場校挨拶 兼本 敏(沖縄国際大学総合文化学部長)
 総会
 学会賞授賞式(優秀論文賞、優秀発表賞、学術研究奨励賞)
14:00-15:10 公開講演 1(7号館201教室)
 講演:田窪行則先生
 (国立国語研究所所長)
「宮古池間方言の形態音韻論」
15:10-15:20 休憩
15:20-16:30 公開講演 2
 講演:上野善道先生(東京大学名誉教授)
「琉球方言音声・アクセントの諸相」
16:30 閉会

研究発表プログラム(第1日 9月15日)

※優秀発表賞審査対象者は氏名に下線を付しました。今年度の優秀発表賞は後日学会HP上で発表し、受賞者にはメールでお知らせ致します。表彰式は後日HP上でお知らせします。
口頭発表 13:00-14:40/16:20-18:00
A会場(5号館 106教室)
座長:中川千恵子, 松田真希子
A1
13:00-13:30
機械学習を用いた日本語アクセント型の分類:母語話者と学習者による単語発話と朗読発話の比較
波多野博顕(国際交流基金),アルビン エレン(神戸大学),王 睿来(神戸大学),石井カルロス寿憲(国際電気通信基礎技術研究所)
A2
13:35-14:05
母語話者シャドーイングとそれに基づく「聞き取り易さ」の客観的計測
峯松信明(東京大学),井上雄介(東京大学),椛島 優(東京大学),齋藤大輔(東京大学),金村久美(名古屋経済大学),山内 豊(創価大学)
A3
14:10-14:40
短期集中コースにおける意識化・気づきを活用した日本語の発音指導
赤木 浩文(専修大学)
(休憩/ポスターセッション)
座長:林 良子, 竹内はるか
A4
16:20-16:50
自発発話データから見たアクセントの遅下がり現象
佐藤大和(東京外国語大学)
A5
16:55-17:25
後部要素が3・4拍の複合名詞の核位置保存について―連濁との関係を中心に―
劉 汝源(神戸市外国語大学大学院)
A6
17:30-18:00
アクセント句頭のFo上昇は条件異音ではない
前川喜久雄(国立国語研究所)
口頭発表 13:00-14:40/16:20-18:00
B会場(5号館 107教室)
座長:益子幸江, 生駒美喜
B1
13:00-13:30
音響的特徴に基づく中国語声調のカテゴリー知覚―母語話者と日本人学習者を対象に―
朱 虹(中南財経政法大学/上智大学),吉本 啓(東北大学),荒井 隆行(上智大学)
B2
13:35-14:05
中国共通語話者による第三言語の語頭破裂音の知覚習得について
劉 佳琦(復旦大学外文学院),陳 忠敏(復旦大学中文系),曽 婷(復旦大学外文学院),鹿 秀川(復旦大学外文学院)
B3
14:10-14:40
ベトナム人日本語学習者のヤ行・ザ行・ジャ行音の知覚
佐藤桐子(首都大学東京大学院)
(休憩/ポスターセッション)
座長:峯松信明, 阿栄娜
B4
16:20-16:50
中国人日本語学習者による促音の知覚  ―中国語普通話話者を対象に―
任 宏昊(早稲田大学大学院),劉 奕櫟(早稲田大学大学院),近藤眞理子(早稲田大学)
B5
16:55-17:25
中国北方方言話者による動詞活用形の東京アクセントの生成―アクセントの習得実態及びF0動態の考察―
王 凰翔(広島大学大学院)
B6
17:30-18:00
中国語母語話者を対象とした日本語アクセント知覚訓練の効果
王 睿来(神戸大学),林 良子(神戸大学),磯村一弘(国際交流基金日本語国際センター),新井 潤(国際交流基金関西国際センター)
口頭発表 13:00-14:40/16:20-18:00
C会場(5号館 203教室)
座長:久野 眞, 杉村孝夫
C1
13:00-13:30
宮古島池間方言の中舌母音の調音
藤本雅子(早稲田大学),篠原茂子(フランス国立科学研究センター/音声学音韻論研究所)
C2
13:35-14:05
北琉球奄美喜界島小野津方言に見られる呼称末尾の母音長の交替
白田理人(志學館大学)
C3
14:10-14:40
与那国方言の複合語アクセントと音韻解釈
中澤光平(国立国語研究所)
(休憩/ポスターセッション)
座長:坂本清恵, 三樹陽介
C4
16:20-16:50
八丈方言のミンナのミの母音と音韻生存
高山林太郎(東京福祉大学)
C5
16:55-17:25
日本語福井方言の鼻的破裂音:持続時間パターンの特徴
吉田健二(日本女子大学),新田哲夫(金沢大学),市村葉子(福井大学),宇都木昭(名古屋大学)
C6
17:30-18:00
福井県池田町方言の「準多型」アクセントとフット・韻律語構造
松倉昂平(東京大学大学院)
口頭発表 13:00-14:40/16:20-18:00
D会場(5号館 204教室)
座長:木村琢也, 御園生保子
D1
13:00-13:30
Laryngeal contrast and tone in Tamang: A preliminary study
黄 賢暻(理化学研究所),李 勝勲(国際基督教大学),Grollmann Selin(ベルン大学), Gerber Pascal(ベルン大学)
D2
13:35-14:05
An OT solution of Pitch Patterns in Daegu Korean
孫 在賢(徳成女子大学),李 雲靖(天津外国語大学)
D3
14:10-14:40
(休憩 ポスターセッション)
座長:牧野武彦, 杉本淳子
D4
16:20-16:50
日本語母語話者のL2英語発音評価を構成する音声特性
小西隆之(早稲田大学大学院), 近藤眞理子(早稲田大学)
D5
16:55-17:25
日本語母語話者による英語高前舌母音/iː, ɪ/の発話習得に関する研究
矢澤翔(早稲田大学大学院),小西隆之(早稲田大学大学院),近藤眞理子(早稲田大学)
D6
17:30-18:00
米ペンシルベニア州における英語の後舌狭母音/u/の前舌化―地理的伝播と道路交通の関係を探る―
木村公彦(東京外国語大学大学院)
口頭発表 13:00-14:40/16:20-18:00
E会場(5号館304教室)
座長:白勢彩子, 高丸圭一
E1
13:00-13:30
モークワン・カドゥー語東部方言における有声阻害音
藤原敬介(京都大学)
E2
13:35-14:05
Acoustics of non-modal consonants in SiSwati
李 勝勲(国際基督教大学 / ベンダ大学),小川陽也(国際基督教大学)
E3
14:10-14:40
中国朝鮮語及び中国語における破裂音VOT値の分布パターン
金 珠(大阪大学)
(休憩 ポスターセッション)
座長:藤本雅子, 座安浩史
E4
16:20-16:50
調音運動動画アノテーションシステムの開発と応用
浅井拓也(早稲田大学大学院),菊池英明(早稲田大学大学院),前川喜久雄(国立国語研究所)
E5
16:55-17:25
IPA学習のためのカルタアプリ製作の検討
竹内京子(國學院大學/日本福祉教育専門学校),高丸圭一(宇都宮共和大学)
E6
17:30-18:00
ベトナム語の声調の音響音声学的分析
益子幸江(東京外国語大学),春日 淳(神田外語大学)
ポスター発表 14:50~16:10
(5号館1階ロビー)
座長:竹内京子, 籠宮隆之
P01 日本語学習者の心的態度と感情の強調順位に関する知覚習得
福岡昌子(三重大学)
P02 中国人上級日本語学習者の特殊拍の知覚的混同 ―意味文脈の影響―
張 林姝(神戸大学大学院),山田玲子(国際電気通信基礎技術研究所/ 神戸大学)
P03 日本人教員の英語発音:英語・日本語・中国語母語話者による「ふさわしさ」の評価
内田洋子(東京海洋大学),杉本 淳子(聖心女子大学)
P04 日本語母語話者による英語音声の韻律生成と知覚―音節を中心に―
江口小夜子(神戸大学大学院/国際電気通信基礎技術研究所),山田玲子(国際電気通信基礎技術研究所/神戸大学)
P05 中国人日本語学習者による日本語の拗音/Cju/と/Cjo/の母音の知覚
劉 奕檪(早稲田大学大学院),任 宏昊(早稲田大学大学院),近藤眞理子(早稲田大学)
P06 Voiced geminates in Indo-Aryan languages: acoustic evidence from Punjabi
Hussain Qandeel(ノースカロライナ州立大学(ローリー))
P07 中国語母語話者による母音長の知覚と産出の関係
張 格格(横浜国立大学大学院)
P08 中国語を母語とする日本語学習者による感情音声の知覚と生成の関係
李 歆玥(神戸大学大学院),ALBIN Aaron(神戸大学),林 良子(神戸大学)
P09 ベトナム人日本語学習者の日本語発話リズム ―日本語母語話者との比較―
松田真希子(金沢大学),吉田夏也(国立国語研究所),金村久美(名古屋経済大学)
P10 長音と促音の知覚における隣接要素間の同化効果と対比効果
石橋頌仁(福岡大学),神谷祥之介(福岡大学),竹安 大(福岡大学)
P11 神奈川県三浦市方言における老年層話者のアクセントについて
近藤眞理子(早稲田大学),Fontan Lionel(アルケアン テクノロジー),Le Coz Maxime(アルケアン テクノロジー),Detey Sylvain(早稲田大学),小西隆之(早稲田大学大学院)
P12 英語母語話者と機械による自動評定に基づく 日本語話者のL2英語の流暢さの評価
生駒 美喜(早稲田大学),小西隆之(早稲田大学大学
P13 現代モンゴル語のアクセントについて
包 桂蘭(内モンゴル大学モンゴル学院)
P14 母語話者日本語音声を対象にした各種文脈における語頭2モーラのピッチ上昇に関する分析
吉澤風希(東京大学大学院),峯松信明(東京大学),齋藤大輔(東京大学)

ワークショッププログラム(第2日 9月16日10:00~12:00)

「琉球諸語継承に向けた教育活動の事例報告」(5号館2階208)
  • 企画・司会者  青井隼人(東京外国語大学アジアアフリカ言語文化研究所/国立国語研究所)
  • 発表1「趣旨説明に代えて:言語継承・復興活動における教育の重要性」
    青井隼人(東京外国語大学アジアアフリカ言語文化研究所/国立国語研究所)
  • 発表2「琉球諸語における教材作成と展開:記述研究との関連から」
    當山奈那(琉球大学)
  • 発表3「危機言語の継承に向けたアクション・リサーチ」
    横山晶子(日本学術振興会/国立国語研究所)
  • 発表4「方言の表記法とフォント開発」
    小川晋史(熊本県立大学)
  • 指定討論者: 山田真寛(国立国語研究所)
◇参加費
 大会当日は、受付で参加費をお支払いください。参加費をお支払いくださった方には要旨集をお渡しします。参加費は学生(学部、大学院)が1,000円、一般会員が2,000円、非会員(学生以外)が3,000円です。学生の方は受付で学生証を提示してください。
※二日目のワークショップと講演は、どなたでも無料でご参加いただけます。
◇予稿集
 予稿集は電子版の発行となります。USBや冊子媒体での予稿集は配布しません。予稿集は会員マイページにて事前に公開しますので、ダウンロードやプリントアウト等をして各自でご準備ください。
◇新規学会入会受付
 入会ご希望の場合には、受付で入会手続きを行います。入会金、会費については、後日事務局よりご案内します。
◇懇親会
 一日目 9月15日(土)18:15から、3号館1階ロビーにて懇親会を開催します。参加費は5,000円(学生会員は3,000円)です。本年度は懇親会の事前申込み制度はございません。参加をご希望の方は、当日受付でお申し込みください。
◇昼食
 大会両日とも昼食用のお弁当等の受付はございません。近隣の飲食店、コンビニエンスストア等をご利用ください。
◇保育室のご案内
 開催校のご協力を得て、大会の期間中保育室を開きます。小さいお子様がおいでの会員の方は、ぜひご活用ください。料金は不要ですが、事前予約が必要です。ご利用を希望の方は、以下のページをご確認の上、お申し込みください。
  第32回全国大会 保育室利用案内
◇手話通訳等の支援のご案内
 手話通訳や要約筆記の支援を希望なさる方に、学会が費用の一部を補助いたします。補助の内容は個別にご連絡いたしますので、ご希望の方は2018年8月6日(月)までに学会事務局(psj-post@bunken.co.jp)にご連絡下さい。
◇ 展示
 書籍・機器の展示を一日目9月15日(土)、二日目9月16日(日)の両日に行う予定です。
◇大会運営委員
中本 謙(委員長)、西岡 敏(委員長)、奥山貴之、狩俣繁久、座安浩史、島袋盛世、尚真貴子、仲原 穣、福池秋水、船津誠也、李イニッド
◇庶務委員 
木川行央(委員長)、白勢彩子、阿栄娜、籠宮隆之、吉田健二、米山聖子
◇企画委員
久野マリ子(委員長)、船津誠也(委員長代理)、阿栄娜、生駒美喜、今村かほる、大野眞男、木村琢也、設楽優子、白勢彩子、高丸圭一、竹内京子、中川千恵子、中本 謙、福池秋水、牧野武彦、松田真希子、三樹陽介、嶺田明美、峯松信明
◇那覇空港から会場への交通 (両日とも 沖縄国際大学)
<路線バス>
  1. 那覇空港 国内線旅客ターミナル前から直通バス
    [25] 普天間空港線  「長田」バス停下車(所要時間約70分 410円)
  2. モノレール+路線バス
    那覇空港からモノレールをご利用の上「県庁前駅」で下車し、「県庁北口」より以下のバスをご利用ください。モノレールは所要時間約12分、料金260円です。
    「県庁前駅」からの路線
    • [98] 琉大線、[110]長田具志川線
              →下車停留所:沖縄国際大学前
    • [21] 新都心具志川線、[24] 那覇大謝名線、[27] 屋慶名線、[90] 知花線、[92] 那覇~イオンモール線
              →下車停留所:長田(徒歩7分)

    <高速バス+路線バス> 那覇空港 国内線旅客ターミナル前から「111 高速バス」に乗車し、「琉大入り口」で下車してください(所要時間:約40分 料金:740円)。
    「琉大北口」より「98 琉大線」に乗車し、「沖縄国際大学前」で下車してください。(所要時間:約10分 料金:160円)。

    <タクシー>
     所要時間:約40分、料金:約2500円
◇アクセスマップ
◇キャンパスマップ
◇お知らせ
※9月17日(月・祝)は、琉球大学にて、音声学セミナー「南琉球方言音声の聞き取り」(講師:久野眞先生)を開催します。直に南琉球方言音声を聞く機会です。ぜひご検討ください。参加には事前お申し込みが必要です。詳細はhttp://www.psj.gr.jp/jpn/phonetics-seminarをご覧ください。
※次回 2019年度(第33回)全国大会は清泉女子大学で開催いたします。