音声学セミナー「感情音声セミナー Emotional Speech Seminar」

2017年9月12日
  • 講師:Donna Erickson先生 (Sophia Soliphic, Haskins Laboratories)
  • 日時:2017年10月14日(土)13:30-17:00 (開場30分前)
  • 会場:慶應義塾大学日吉キャンパス第八校舎812教室
    http://lsdcom.keio.ac.jp/access/index.html
  • 主催:日本音声学会 (音声学普及委員会・企画委員会)
  • 共催:慶應義塾大学,戦略的研究基盤形成支援事業・コミュニケーション行動の生涯発達研究拠点
  • 世話人:皆川泰代(慶應義塾大学)
  • 参加費:学生・会員無料、非会員一般1,000円,非会員学生500円
  • 定員:80名
参加申し込み:以下のフォームよりお申込みください。当日受付も可能です。
https://goo.gl/forms/znFjCUKkxGbiDvBB2
 
本セミナーでは感情の音声についてその音響的特徴,生理学的特徴,知覚特性を含めた基礎的な解説を行ったうえで,演技における感情音声,感情音声の文化差,個人差そして感情音声を使った研究方法など感情音声にまつわる様々なトピックについて幅広くお話します。異なる文化や演技など,様々な場面でどのように感情を声で表現するかを学べる機会にもなりますので,研究者ばかりでなく外国語教師,声優,俳優,歌手の方にも参考になる内容です。多くのみなさまの参加をお待ちします。(講演は基本的に英語で行いますが,質疑は日本語も可能です。)


プログラム(予定)
  • Session 1: 13:30-14:30
    1. Why study emotional speech?
    2. What are some acoustic and articulatory changes?
    3. Brief tutorial of F0, loudness and voice quality.
    4. Why does experiencing emotion result in changes in the voice?
  • 10 min rest
  • Session 2: 14:40-15:30
    5. Some phonetic/perceptual similarities/differences for spontaneous & acted emotions
    6. Acted emotions & cultural differences in perception
    7. Social “emotions”: Social affective expressions
    8. Social affective expressions: Cultural similarities and differences
  • 10 min rest
  • Session 3: 15:40-16:30 9. Social affective expressions and personalities
    10. Some tips on how to study “emotional” speech
    11. Other topics: gender issues, social laugher/spontaneous laughter, etc.
    12. Analysis of voice quality
  • 10 min rest
  • Session 4: 16:40-17:00 questions & free discussion
問い合わせ先:音声学普及委員長